高等専修学校とは

"中学校卒業後の進路~高等専修学校"
(文部科学省YouTubeチャンネル)
文部科学省yt高等専修.png

よくある質問

Q.
校名が専門学校となっていますが、高校を卒業した人が通う学校なのですか?
A.
本校には3つの部門があります。中学校を卒業した人が通う高等課程(3年制)、高校を卒業した人が通う専門課程(2年制)、また求職中の人に向けた職業訓練コース(主に3ヶ月)です。
学校教育法124条によって定められ、都道府県知事の認可を受けた学校のことを専修学校といい、その中に専門課程がある学校は専門学校と称することができます。
本校は高等課程だけではなく、専門課程もあるので、校名の最後に「専門学校」という名称を用いています。
参考▼
文部科学省webページ:専修学校・高等専修学校(専修学校高等課程)とは
hi_201911exc01.jpg
Q.
高校ではないと聞きましたが?
A.
本校の高等課程は、専修学校高等課程といい、高校(高等学校)とは異なる学校形態です。
しかし、高等学校と同じく後期中等教育課程として国に認められた学校であり、全日制で週5日登校、就学支援金や学生割引、卒業後の進学や就職においても高等学校と同様に扱われます。
参考▼
文部科学省webページより:中学生の多様な進路
文部科学省webページより:高等専修学校_Q&A等
授業風景.jpg
Q.
高校との違いは何ですか?
A.
専修学校は、職業または実際生活に必要な能力の育成をすることを目的としています。
よって、文部科学省の高等学校教育指導要領のカリキュラムとは異なり、多様化する生徒や地域社会のニーズに合わせた柔軟な教育が可能です。
本校では個々のレベルに応じた学習や、基礎基本を大事にしており、中学校までの学習を学び直すことも可能です。
参考▼
文部科学省webページより:高等専修学校_高等学校との比較
hi_202012pc01.jpg