十人千色

"あたたかな環境で個性を尊重し
 社会貢献できる人を育てます"
校長あいさつ

 自らの道を拓くことができるのは、自身の意思にあります。

 本学園の入口に石碑、校訓「志気」があります。何かをやり遂げようとする強い志。 しかしながら、歩んできた人生の中で、それを発揮できなかったこともあると思います。

 本学園は、公共施設清掃、防犯パトロール、共同募金と様々なボランティア教育を、半世紀を超えて実践してきました。 いつも誰かのためになれる自分を探すこと。 その教育を通じて、それぞれの個性を引き出すことに力を注いできました。

 はるかなる目標は、届かないことが多々あります。 ところが、身近な目標は自信を生み出してくれます。「また、検定に合格したよ」その積み重ねが、大切です。はるかなる目標につながります。

 「今、あなたにできることは何ですか」と聞かれると、答えに戸惑う人がたくさんいます。 その時に「私は、簿記ができます」「私は、パソコンが得意です」「私は電卓ができます」と答えることができたら…。 これは、もはや、個性のひとつと言えます。自分らしさを表現するため、資格は、その最たる表現方法です。 公認会計士、税理士、会社経営者になられた卒業生は、それを見事に、表現された方たちです。

 本学園は、ボランティアと資格取得を通じて社会に貢献できる人になるように、応援しています。

校長 久次米 健一

CIMG7209.jpg

certificate exam

経理事務では必須の簿記やパソコンをはじめ

実生活でも役立つたくさんの資格を

とることができます

volunteer

毎朝町内の清掃活動や共同募金の呼びかけ

防犯パトロールなどの奉仕活動を通じ

​社会貢献できる人間になります

01掃除01.jpg

at home

少人数でアットホームな雰囲気を大切に

不登校を経験した子どもたちも

のびのびと学校生活を送っています